歴史

リョーガにも歴史があります。この歴史が在ったからこそリョーガ言う自動車が世に知れ渡ったのでしょう。
1998年2月この頃にリョーガが登場しました。ベースとしてはP11型のプリメーラとプリメーラワゴンがベースとなっているでしょう。なかなか力強い性能を持っており、かなり良い自動車でした。

 

そして、2001年に2代目となるリョーガが完成したのです。ベースはB15型サニーに車両だけ変更をしました。これにより、価格を抑えることが出来るようになったのです。しかし、2002年度にベース車のマイナーチェンジ、そして排気ガス規則に適応しないとされている1800ccが廃止、その後2004年にサニーの生産終了により新車の生産は終了してしまいました。そして、現在に至ります。

 
このような歴史がリョーガにあるので、それほど古いタイプの自動車ではないのですが、決して全く認知度がないというわけでもありません。実際にかなり多くの人に愛されてきた車でもあるので、非常にその点については、認知度は高いかもしれません。4人乗りと、それほど大型車でもないにも関わらず、デザインと名称から発売当初は注目を集めたこともあります。排気ガス規制などの遍歴を経て最新モデルになるなど、歴史を感じさせる車の一つです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。